婦人

小陰唇縮小手術を受ける|女性特有の悩みはクリニックへご相談を

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療後の通院は不用です

悩む女性

高周波メスを使った小陰唇縮小手術は傷口を縫い合わせる際に施術用の糸を利用しますが、吸収糸を利用して縫合を行なえば施術後に抜糸を行なう手間を無くすことが可能です。一般的な小陰唇縮小手術は抜糸を行なうために施術後通院を行なう必要がありますが、高周波メスを使った治療法ならばそのまま抜糸を行なうことなく日常生活を過ごすことができます。通院費も節約することができるため、なるべく安い費用で治療を完了させたい方にも有効な治療法といえます。小陰唇縮小手術を行なう際は吸収糸を使って縫合を行なってもらい、快適な日常生活を早めに開始できるように対応しましょう。シャワーなどは施術を行なった翌日から入ることができるため、身体を清潔に保つことができます。

小陰唇縮小手術を依頼する際はなるべく早めに治療を完了させるために、カウンセリング後にすぐ手術を実施することができるクリニックを選ぶのがベストです。美容整形を取り扱っているクリニックに小陰唇縮小手術を申し込むと、カウンセリングを行なってから施術を始めるのに時間がかかってしまうことがあります。人によっては施術を待つ間に不安などを感じてしまうことがあるため、小陰唇縮小手術を行なう場合はスムーズに治療を進めていくことができるクリニックを選ばなければなりません。まずはクリニックでカウンセリングを実施することで医師と相談を行ない、カウンセリングを実施したその日に手術を実施できるように交渉を行ないましょう。